MENU

CLOSE

アボカド、チーズ、豆乳などバストアップ食材の都市伝説を検証

アボカド、チーズ、豆乳などバストアップ食材の都市伝説を検証

216views

カテゴリ:食事生活

バストアップを考えるなら、絶対に取るべきイソフラボン

69d4ed3fc529fb01cadca473cda0cc6b_s

バストアップを考えている女性がいれば、絶対に食事の中でイソフラボンという栄養素を摂取するように心がけて下さい。このイソフラボンという栄養素は体内に入ると女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをします。バストアップを考えたときに体内にエストロゲンが大量に分泌されていることが求められます。エストロゲンが乳腺に届けられることにより、バストアップが実現されることになります。

イソフラボンを効率的に摂取するのであれば、バストアップサプリメントを摂取するのが良いでしょう。このようなバストアップサプリメントとして有名なのはプエラリアになります。プエラリアと呼ばれる食材にはイソフラボンが豊富に含まれているため、バストアップには最適な食材になります。ただし、このプエラリアには副作用があり、過剰に摂取してしまうと生理不順、不正出血、腹痛を引き起こすことが分かっています。

このようなプエラリアの副作用が心配で、自然な形でイソフラボンを摂取したいという人には毎日の食生活に大豆製品を取り入れることをおすすめします。大豆イソフラボンという言葉があるように大豆製品には豊富なイソフラボンが含まれています。このような大豆製品の代表が豆乳になります。

豆乳にはタイプがあり、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料という3つのタイプが存在しています。この中で最も大豆イソフラボンの含有量が多いのは無調整豆乳になります。豆乳を飲むのであればこの無調整豆乳を飲むようにしましょう。

成長ホルモンのもとになるアミノ酸、ホルモンバランスを整えるビタミンE

8a9700d08f81fcb28f162eda59ae7a88_s

さて、バストアップで絶対に外せない栄養素は大豆イソフラボンですが、それ以外にも積極的に摂取したい栄養素というものがいくつかあります。それがアミノ酸になります。このアミノ酸に関してもバストアップを考えた場合には非常に重要な栄養素になります。

先ほどバストアップに大切なホルモンは女性ホルモンのエストロゲンであるということを述べてきました。しかし、実は女性ホルモンのエストロゲン以外にもバストアップに効果があるホルモンがあります。それが成長ホルモンになります。思春期に女性のバストが膨らむのはこの成長ホルモンの分泌が乳腺の発達を促していることもその理由の一つになります。

ただ、女性の中にはバストが思春期にあまり膨らまなかったという人がいます。実は成長ホルモンがいくら分泌されても、それを乳腺のラクトラゲン受容体と呼ばれる器官が取り込まないと、バストアップにつながることはありません。

このラクトラゲン受容体ができる時期は人によってまちまちで、30歳でできる場合もあります。このような人の場合には成長ホルモンをまだ十分に吸収していないので、成長ホルモンを吸収してバストアップにつなげることが可能になります。

特に成長ホルモンを分泌させるためにはアミノ酸の中でもフェニルアラニン、トリプトファン、リジン、グルタミン、アルギニン、オルニチン、シトルリンの7種類を摂取する必要があります。これらのアミノ酸を満遍なく含んでいるのが上記の大豆製品になります。ただし、リジンのようなアミノ酸はチーズのような乳製品に多く含まれています。また、チーズにはバストの9割を形づくる脂肪分も多く含まれています。

そして、もう一つバストアップを考えたときに積極的に摂取しておきたい栄養素がビタミンEになります。ビタミンEに関してはホルモンバランスを調整してくれる効果があります。イソフラボンを積極的に摂取しても基本となる女性ホルモンの分泌が少なくては元も子もありません。このような女性ホルモンの分泌を促進してやる効果がビタミンEにはあります。

そして、このビタミンEを豊富に含んでいる食材がアボカドになります。

なお、せっかくホルモンが分泌されても血行が悪かったり、リンパの流れが滞っている場合にはきちんと乳腺まで届きません。そのため、血行やリンパの流れを改善してやるためにマッサージをしてやるのが良いでしょう。必要な栄養素をしっかりと摂取し、バストアップマッサージをしてやることで効率的にバストアップを進めることできます。