MENU

CLOSE

妊娠、出産後はバストが大変化する!補正が必要になった体験談

妊娠、出産後はバストが大変化する!補正が必要になった体験談

94views

カテゴリ:バストケア

妊娠中のバストと授乳期のバストの変化について

私は元々Bカップなのですが、妊娠をしてお腹がふくらむとともに、胸もどんどん大きくなっていきました。それまでつけていたブラジャーが早い段階できつくなり、マタニティー用のゆったりとしたタイプにしましたし、これまで見たことのないサイズになり自分でもびっくりしました。

授乳の準備をしているバストは張りもありましたし、形もきれいで整っていて、妊婦体型になっているけれどもバストだけは理想的になっているなと思っていました。今までバストに対して大きなコンプレックスはなかったものの、やはり胸が大きい、きれいな形というのには憧れていたので、理想的なバストを見て嬉しい気持ちを抱いていました。

授乳期のバストの変化

授乳期のバストも赤ちゃんにおっぱいを作り出してあげるということで、大きなままでしっかりと張りもありました。赤ちゃんが吸うことによって少し柔らかくなりますが、授乳前になると乳腺が張って痛いと感じるぐらいです。

どんどんと母乳を作り出して赤ちゃんに与えないといけないということなのでしょうか。バストは常に大きかったですし、その時には女性としてのセックスアピールになるというよりも、赤ちゃんを育ててくれる神聖な体の部位という風な考え方になっていました。

2人の授乳を経てバストの崩れに焦りを感じて

私には子どもが2人いるのですが、第2子を出産して母乳育児が終わって少し余裕が出てきた頃に、女性としての体型を強く意識するようになりました。上の子が幼稚園に通い始めるようになり、多くの女性を目にする機会が増えたということもあります。

2人の授乳を終えたバストの大きさは、妊娠前とあまり変わらないところに戻っています。それだけなら良いのですが、2人が吸ったからなのか加齢の為なのか垂れてきてしまったのです。女性としてまだまだ30代前半なのにこれではいけないと強く思い、バストをどうにかできないかと考えるようになりました。

そして私が思いついた結論が、補正下着を使うということでした。

食事や運動などの方法も考えたのですが、2人の育児をしているので他にエネルギーを使う余裕がありません。簡単にできる方法はなにか、ということを考え、補正下着にいきついたのです。

補正下着をつけると背中部分のお肉をブラジャーの中に入れてバストアップができますし、垂れている胸もブラジャーの中に入れて、少し高い位置でキープできるようになります。

補正下着をつけてバストに対して思うこと

補正下着をつけている間はバストアップしていますし、胸は以前よりあるように見えているかもしれません。服を着る際にも外出をする際にもバストに対して自信が持てるようになりました。

ただ根本的には解決していません。これから加齢とともにどんどん垂れていくことを考えると、今の状態を維持してさらに良い状態になるように、サプリメントを飲んだり筋トレをしていこうと思います。