MENU

CLOSE

あのアイドルも?お肉を食べたらバストアップって本当?

あのアイドルも?お肉を食べたらバストアップって本当?

219views

カテゴリ:食事生活

お肉を食べてバストアップ?その理由はこちら

2c579222f616794c01554314c0a50c2b_s

大川藍さん、週3回の肉食でバストアップ?

週3回肉を食べたらバストが大きくなったなんてすごいことですよね。最近、ニュースになったグラビアアイドルの大川藍さん。スレンダーなラインと豊かなバストを武器にいま売出し中の一人です。もとは菊地亜美さんと同じアイドルグループだったのですが、その時はバストが全く大きくなかったそうです。

しかし、炭水化物よりもお肉を中心的に食べる生活をしていたらバストがグングン大きくなり、現在はEカップあるのだそうです。大川さんは成鳥に6年かかったそうですが、実際にお肉を食べてバストアップなんてあり得るのでしょうか?

唐揚げでバストアップも同じ理屈。要はタンパク質です。

お肉でバストアップという点で考えると、以前唐揚げを食べてバストアップというのが流行った記憶があります。そうでなくても鶏肉を食べるバストアップは意外とポピュラーなように思います。しかし、本当に肉食にシフトしてバストアップと聞けばやはり疑問に思います。その理由はタンパク質にありました。

私たちはカロリーを摂りすぎると太るからと言って肉類は避ける傾向にあります。しかし、お肉には体を作るための良質なタンパク質と以外にも多様なビタミン・ミネラルが入っています。確かにタンパク質はエネルギーではあるものの炭水化物や脂肪と違って筋肉や細胞を作るための栄養素となるのです。

つまり、お肉をあまり食べていないところから適量の分を食べると、それだけ細胞の成長が促進されるためバストアップにもつながったわけです。また、大川さんは18~19歳からバストアップが始まったということなので、まだバストの成長段階にあったことも考えられます。

バストの9割は脂肪ですが、脂肪細胞の核はタンパク質でできています。そのため、たんぱく質によるバストアップは合理的と言えます。とはいえ、食べ過ぎると脂肪という形で蓄えられてしまうので、肉をたくさん食べるとバスト以外も大きくなってしまうことが考えられます。もし、炭水化物やお菓子を食べてしまうと言う人はその分を肉や魚に置き換えると健康に良いかもしれませんね。

効率よくバストアップするならサプリがいい理由

1e35eaa0821a9867cc0b629e0beac3ab_s

サプリは「バストアップを指令」する?

お肉のように、バストの原料となる成分を食べることはバストアップには欠かせない要素です。しかし、バストを大きくするためには「バストを育てる」という指令が必要。さもないと太ってしまうだけです。この、バストアップの指令に関わるのがエストロゲンです。

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、バストアップや美肌化など美しさに関わる成分です。マッサージでも増やすことが可能と言われています。マッサージはバストのツボを押すものと血行をよくするものがあり、どちらもバストを直接刺激します。

そんなエストロゲンはサプリには配合できないので代わりとなる成分を持つ植物が原料となっています。このような植物が含む成分は植物性エストロゲンとよばれ、エストロゲンと同様な働きをすることが知られています。中でもバストアップサプリの定番と言えばプエラリアです。

東洋の奇跡。プエラリアミリフィカとは?

普段は見かけないけどバストアップサプリを検索すればどれもこれもプエラリア…いったいこれは何なのかと思ってしまいます。

プエラリアとはタイ原産のマメ科の植物で美容の秘訣として知られています。実際にバストアップに良いと言われる大豆の20倍にもなるイソフラボンが含まれており、中にはダイゼインの1000倍以上の効果を持つ固有成分も見つかったのだそうです。ただし、女性ホルモンと同様の効果を発揮する以上過剰摂取は同様の副作用をもたらすので注意しましょう。