MENU

CLOSE

バストアップに効果ありの筋トレ・ストレッチ・エクササイズ

バストアップに効果ありの筋トレ・ストレッチ・エクササイズ

203views

カテゴリ:エクササイズ

バストアップに効果がある筋トレ

f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_s

バストアップを考えたときに、筋トレを行うというのは一つ有効な手段になります。バストアップを考えたときに重点的に鍛えたいのは胸の大胸筋になります。この大胸筋という部位に関してはバストを支える土台となっている部分になります。この土台部分がしっかりしているとバストの垂れを防ぐという効果を得ることができます。また、大胸筋を鍛えることによって、個人差はありますがバストアップ効果もみられます。

ただ、腕立て伏せを行う場合には一つ注意点があります。それは腕立て伏せのやり方についてです。腕立て伏せというのは行う姿勢によってはバストではなく、腕の筋力アップにつながってしまう場合があります。

バストアップを考えた正しい腕立て伏せの方法はまず腕を肩幅より広めにとります。その後、手首から肘までが体と並行で一直線になるような形で腕立て伏せを行っていきます。このような姿勢で腕立て伏せを行うことで、胸の筋肉を鍛えてやることが可能になります。

バストアップに効果があるストレッチ

e94527512fcc9573f985d974d5020d56_s

さて、上記ではバストアップに効果のある筋トレを紹介してきました。ただ、バストアップを目指す場合、筋トレ以外でも積極的に取り入れていきたい運動があります。それが、バストアップストレッチになります。バストアップ効果のあるストレッチ方法として一押しなのが肩甲骨はがしになります。肩甲骨周辺が固まっていると自然に姿勢が猫背になってきます。猫背になるとどんどんバスト周辺の血液の流れが悪化していきます。

血流が悪化するとバストアップに必要な栄養素がバストに提供されないことになり、せっかく摂取した栄養分がバストアップに生かされないという事態にもなりかねません。したがって、肩甲骨周辺を柔らかくしてやるというのはバストアップを考えたとき、非常に大切になってきます。

さて、具体的な肩甲骨はがしの方法ですが、肩甲骨はがしにはいくつかのパターンがあります。その代表的なものとしては四つん這いの姿勢で土下座をするような形で肩甲骨を伸ばしてやる方法があります。また、肩甲骨を上げ下げしてやるというのも肩甲骨のストレッチとしては有効です。ポイントは上げる時に息を吸って、下げる時に息を吐くということです。

ところで、肩甲骨はがしの目的は肩甲骨周辺を柔らかくすることにより、バストの血流を良くすることです。ただ、バストの血流を良くする方法としてはバストアップマッサージという方法も見逃せません。バストアップマッサージを行うコツは「下から上、外から内」ということを意識するということです。これを意識しながら、胸とは逆側の手で胸の外側から内側に持ち上げるようなイメージで円を描くマッサージを行っていきます。

さて、上記ではバストアップのために自分自身で取り組むことができる筋トレ・ストレッチについてみてきました。ただ、本格的にバストアップを進めていきたいと思ったら、バストアップサプリメントというものの服用も併せて行うことをおすすめします。バストアップサプリメントにはプエラリアという食材が含まれています。

このプエラリアという食材に豊富に含まれているイソフラボンは、体内に入るとエストロゲンという女性ホルモンと同じ働きをします。このエストロゲンにはバストの乳腺に働きかけて、バストアップを実現する効果があります。

したがって、このプエラリアはバストアップを考えたときには絶対に摂取することが求められる成分になります。ただ、このプエラリアに関しては摂取量を増やしすぎると、生理不順・不正月経・腹痛といったような副作用を引き起こすことになります。そのため、服用量は慎重に増やしていくようにするのが良いでしょう。