MENU

CLOSE

バストアップは女性ホルモンを増やすと良い。じゃあ、ピルは?

バストアップは女性ホルモンを増やすと良い。じゃあ、ピルは?

192views

カテゴリ:サプリメント

女性ホルモンを増やすとバストアップがするってどうして?

3798d69354da08ed0402273d6ced60ad_s

バストアップに関わるエストロゲンについて

バストアップのためには女性ホルモンを増やすのが良いと言う説が有力です。そのため、女性ホルモンを増やす方法もたくさん生まれていますが、どうして女性ホルモンによってバストが大きくなるのかを見ていきましょう。

女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンがありますが、バストアップに関わるのはエストロゲンです。エストロゲンは黄体ホルモンとも言われ生理のあとあたりから分泌が増える性質を持ちます。子宮内膜を安定させる効果の他に、バストやヒップを大きくすること、肌をきれいにすることなど美容に関わる効果を持っています。

これが、女性が思春期を境に女性らしい体になっていく理由です。ちなみに、男性も女性ホルモンが過剰分泌されると女性のようなバストができますし、母乳を出すこともできます。

ピルの効能 副作用は?

女性ホルモンを取り入れる薬と言えば、ピルがあります。ピルというと避妊薬としてのイメージが強いですがあくまでホルモンバランスを整えて排卵を抑える作用があるものです。よって、ホルモンの分泌が少ない人がピルを服用することで逆に妊娠しやすい体を作ることが可能です。実際に、生理不順の解決にも低用量ピルが使われています。

ピルを飲むと一時的に女性ホルモンが増える以上、バストアップにも効果があります。特に、ホルモンバランスに問題がある場合は高い効果を発揮すると考えられますが、逆にピルをたくさん飲むとホルモンバランスが乱れてしまいます。医薬品なのでサプリ以上に用法容量を守る必要があると言うことです。

他にもあります、女性ホルモンを増やす方法

814bc2fa6e56d9d2b04d4b26eb1a531d_s

バストマッサージをしてみる

ホルモンバランスが整っている人でも女性ホルモンを活性化することでバストアップしやすくなります。まず、道具を使わずにできる方法としてはマッサージがおすすめです。バストには女性ホルモンを活性化させるツボがあるので、そこを刺激するとバストアップの他に美容に良い影響が期待されます。

バストのツボは多くバストの周りをさするだけでも数個のツボを刺激できるほどです。マッサージは血行を良くする作用もあるのでお風呂に入りながら行うとさらに効果的です。血行の良さはバストアップには重要で、代謝の悪いバストは細胞が衰えてしぼんでしまいます。

さらに、マッサージの時はわきの下にあるリンパを流すことや脇とバストの境目を揉みほぐすことも効果的です。バストがブラジャーで抑圧されているといびつな形でバストが定着することもあるので、揉みほぐせばバストの形を初期化できるわけです。

植物性エストロゲンを摂取する

そして、女性ホルモンは医薬品ですがそれに近い成分は植物から摂取することが可能です。これを植物性エストロゲンと呼びます。

植物性エストロゲンはイソフラボン類とリグナン類に分かれていて、どちらも身近にある植物から摂取することが可能です。イソフラボンはおなじみの大豆です。

大豆は豊富なたんぱく質とビタミン、そしてイソフラボンを含むためバストに必要な栄養も同時に摂ることができます。他にも小豆や黒豆などマメ科に含まれる傾向にあります。そして、リグナンはゴマやアマニに含まれています。どちらもエイジングケアには欠かせない食品ですし、食用油としても優秀です。

また、植物性エストロゲンはサプリで摂取することもできます。サプリはバストアップに必要な成分が凝縮されているのでカロリーコントロールをせずに取り入れることができます。

せっかくサプリとして飲むのですからそれなりの効果を持つものがいい、それならプエラリアが入っている問を選びましょう。プエラリアもマメ科の植物ですが、大豆の20倍の効果を持つイソフラボンが含まれています。その効果の高さはバストアップサプリの定番となっていることからうかがえますね。