MENU

CLOSE

夜のバストケア、ナイトブラをあなたも付けていますか?

夜のバストケア、ナイトブラをあなたも付けていますか?

265views

カテゴリ:バストケア

ナイトブラをつけると、夜もバストケアができる

e60925db4cb0974e9cbc98e383e64cb7_s

男性が好むバストは大きくて、形が良くて、柔らかい

バストが大きくなると、周りの目が変わるのは事実です。同性からも一目置かれますし、特に男性の目線が集まります。それだけ女性にとってバストの悩みは大きいもので、バストを大きくする方法もネットを検索すればたくさん出てきます。では、大きいだけでいいのかというとそんなことはありません。

男性が好きなバストは大きいだけじゃなく、ハリがあって、きれいなお椀型をしていて、それでいて適度な弾力があることです。若干要求が多いように思いますが、確かに同性の胸が大きくても垂れていたり弾力が足りないと、同じようになりたいとは思えませんよね。バストはあくまで女性の象徴と見られています、若々しく活力のあるように見えるバストのためには日々のバストケアも重要になってきます。

バストは夜も垂れている。ナイトブラできれいに保つ

バストケアと言えばマッサージをしたりストレッチをしたり、一日の終わりにできるものがいろいろあります。しかし、夜寝ている間のバストケアはどうでしょう。マッサージもできなければブラジャーで支えることもできません。その間のバストは、重力に負けて垂れてしまっています。

バストが垂れると二つの問題が出てきます。一つ目はバストの皮膚が伸びて型崩れすること。そして、バストの脂肪が他の部分に行ってしまうことです。脂肪は重力のかかりやすい方に移動するので、ノーブラで放っておくとバストの脂肪は背中やわき腹に移動してしまいます。つまり、ただ寝ているだけでバストがしぼんでしまうわけです。

そこで、夜のバストケアはナイトブラがおすすめです。ナイトブラは夜の型崩れを防いでくれるもので、スポーツブラのような形状をしています。もちろん、普通のブラジャーに比べて柔軟性があり、寝心地が悪くなり辛いのも特徴です。

ナイトブラをつけるとカップに合わせて脂肪をとどめておくことができるため、バストを減らさないうえにバストの形をきれいにすることが期待されます。中には脂肪を移動させるバストアップ効果を併せ持つものもあるようです。1日の3分の1は寝ているので、ナイトブラをつけるのとつけないことの差は大きいでしょう。

日中はこんなバストケアをしよう

de2b2054d9da6d8a4b1e9058900a2d12_s

姿勢をよく保ち、ストレッチ

そして、日中にできるバストケアとしておすすめなのは姿勢をよく保つことです。姿勢が良いとバストの皮膚が引っ張られるのでバストトップが上に上がりますし、周りから美しく観られるようになります。全体の筋肉も関わるので良いダイエットにもなるでしょう。

他にも、お金と時間をかけずにやるならストレッチがおすすめです。バストアップに関わるストレッチは肩甲骨です。肩甲骨の裏にある筋肉は背中の開きに関わっているのですが、人は猫背や巻き肩になりやすいので背中が丸まり、胸の皮膚がたるみやすいです。その結果バストが下がって見えてしまいます。そこで、肩をぐるぐる回し肩甲骨を動きます。これは肩こり改善の効果もあるので、仕事疲れにお勧めです。

女性ホルモンを活性化する食べ物やバストアップサプリを取り入れる

そして、バストを育てるには女性ホルモンの活性化が欠かせません。他の方法はバストを小さくしない、脂肪を集める方法でしたが女性ホルモンを増やすことは乳腺の増加につながります。乳腺はバストの保持や脂肪の定着につながるので、食べ物やサプリで取り入れましょう。

特におすすめはプエラリアの入ったものです。プエラリアは優れた美容効果からネイチャー誌にも掲載されたほどの植物で、原産国であるタイ人のバストが小さいにもかかわらず、プエラリアの育つ村の女性たちはプロポーションが美しかったそうです。

サプリは女性ホルモンを活性化させるので、過剰摂取による副作用も考えられます。使い方や生理周期を守ることも大切です。