MENU

CLOSE

その習慣は今すぐ止めて!バストアップの妨げになる習慣とは? 

その習慣は今すぐ止めて!バストアップの妨げになる習慣とは? 

240views

カテゴリ:生活習慣

バストアップの妨げになってしまう習慣!

5b8b26b0f59ad310e08391d823c4fcb7_s

バストアップのために女性はさまざまな努力をしていますが、逆に、いつもやっている習慣がバストのサイズダウンに繋がっている可能性も考えられます。普段の日常生活で行っていることが、バストアップの妨げになっているとなると、バストアップの努力も水の泡です。そうならないために、普段のどんな習慣がバストアップの妨げになっているのかを知り、改善していく必要があります。

夜はシャワーのみで済ましている!

湯船にゆっくりと浸からず、いつもシャワーで簡単に済ませている人がいます。毎日シャワーのみで済ませてしまうと、身体が温まらず、血行不良による身体の冷えを導いてしまうのです。女性ホルモンは血液の流れに乗って全身を巡るため、血行不良により身体全体が冷えていると上手く血液が循環せず、女性ホルモンや栄養素が身体全体に行き渡らせることができません。

そうなると女性ホルモンや栄養素が停滞してしまい、バストアップの妨げになってしまうのです。できれば週に何度かは、ゆっくりと湯船に浸かるようにしましょう。また、入浴中にバストマッサージなどを行うと血行が良くなり、バストに必要な栄養素が行き届きやすくなります。バストアップのためには、身体が冷えないように注意することが重要です。

前屈みの悪い姿勢!

猫背のような前屈みの姿勢が続いてしまうと、大胸筋などの筋肉が衰え、肩甲骨の歪みなども招くことになり、バストの形が悪くなったりバストが下垂したりし、バストアップの妨げに繋がります。日頃から、姿勢が悪くならないように注意し、背筋を正すように心掛けましょう。同じ姿勢が長時間続いた場合は、ストレッチやエクササイズを取り入れ、肩甲骨をほぐすようにしましょう。

バストが上下する激しい運動!

エアロビクスやジョギングなど、バストが上下に揺れるような激しい運動をしていると、バストの下垂に繋がります。ジャンプや飛び跳ねる動作を何度も行うことで、バストを支えているクーパー靭帯が伸びてしまい、最悪の場合は切れてしまう可能性もあるのです。

一度切れてしまったクーパー靭帯は、元には戻りません。バストの形を崩したり、下垂したりするのを防ぐためには、激しい運動は控えるようにしましょう。

サイズの合っていないブラの着用!

自分のバストサイズに合っていないブラを着用していると、バストに悪影響を与えることになります。ブラがきつい場合は、バスト周りの血行を悪くし、栄養素が行き届かないため、バストアップの妨げになります。大き過ぎるブラの場合は、自分のバストとブラの間に空間ができてしまい、バストが流れたり垂れたりする原因となります。

いずれの場合も、バストアップの妨げに繋がります。日頃から、自分のバストのサイズにきちんと合ったブラを着用することが大切です。

マッサージとサプリの併用で相乗効果へ!

71c5ad8d86136a71ebb258f64ea5a87d_s

バストアップを目指している女性は、まずはバストアップを妨げてしまう生活習慣を見直した上で、日頃から血行やリンパを促すマッサージをすることが大切です。

また、バストアップサプリを飲むことで、より効果が期待できます。バストアップサプリは、いろいろなものが市販されていますが、中でも、プエラリアという成分を含んでいるものが話題です。

プエラリアは植物性エストロゲンを多く含んでいるため、バストアップに効果的と言われている成分です。また、植物由来の成分なので副作用などの心配はなく、毎日安心して摂取することができます。バストマッサージを行って血行やリンパを促しながら、このサプリを摂取することで、バストアップの相乗効果が期待できるでしょう。